• 楽々かあさん(大場美鈴)

サポートブック 書き方の心得詳細



「サポートブック」を渡す目的は我が子をサポートして貰うことです。

…と、同時に、支援者である先生もサポートしていくもの、という視点を持って作って頂くと、学校と家庭がお互いにサポートし合う、良好な連携関係につながって行くと思います。

特に他のお子さんのことでも忙しい通常学級などの先生にとっては「負担が大きい・重い」と感じられてしまうと、結果的にサポートブックを活かすことができなくなる可能性があります。


ですから、相手にとって受け入れやすい内容であるか、具体的に参考になるものであるか、客観的に吟味しながら内容を絞って書くと、実用的なサポートブックになっていくと思います。

親は今、我が子が心配な状況である場合は特に、「分かって欲しい」という想いがどうしても強くなってしまいがちです(私もそうです!)。


「親の想い」は、ママ友さんや親の会、スクールカウンセラーさんなどに、一旦吐き出させて貰った上で書くか、何度も見直し、書き直して、事実と具体案を書いていくことをおススメします。(どんなに削っても、親の想いはにじみ出てしまうものですしね)

そして「親の一方的な思い込み」などと受け取られないよう、できるだけ客観的な意見や資料を入れるといいでしょう。



医師の意見や知能検査の結果をまとめたもの、または実物コピーを添付したり、誰かの意見を聞きながら作成するようにします。育児サークルなどで、グループワークで作ってみるのもいいと思います(私はスクールカウンセラーさんにチェックして貰いました)。

子どもの好みや人間関係なども変わり易いので、本人に聞きながら確認します。

コミュニケーションの手がかりとなる情報や、少しでもできていることに注目し、本人のいいところ、頑張れるところなどのポジティヴな情報は必ず入れます。


ほめる目線を下げ、いいところに目を向ける練習は親にとっても育児のプラスになります。

子どもの心配な面については「行動と困りでみる」ようにします。

「ワガママ」といった性格的な表現は避け、どんな具体的な行動が心配なのか、その背景にはどんな発達上の困りがあるのか、を書いていきます(分からなければ自分で調べたり、医師などに意見を聞いていくことも大事な過程です)。


そして、対応の「実例」「具体例」を挙げます。

「テクニック集」は家庭での育児テクニックのアイデアを、先生などに直伝するためのものです。「テクニックカード」のフォーマットを必要枚数プリントして、ご活用下さい。

声かけなどもできるだけ具体的な台詞を書き、実際に家で取り組ん


でいることや工夫で、学校でも応用できそうなものがあれば、写真を裏面に印刷したり、実際の支援ツールを添付したりするといいでしょう。


カードの形式にこだわらずに、臨機応変にアレンジして下さい。(但し、対応方法はあくまで「一案」「参考アイデア」です。家庭でのやり方は、学校ではそのまま取り入れるのは難しいこともあるので、実際の状況に合わせて、先生の判断にお任せする気持ちでお願いするといいでしょう)



サポートブックを作ってみると、支援者も対応を考えやすい上、子どもを客観的に見つめ、理解を深め、具体的に対応を考えてゆく…という視点を持てるので、親のペアレントトレーニングにもなります。もしサポートブックを学校に渡す予定のない方でも、一度作ってみると子育て力がUPすると思いますよ。


細かな気がかりへの対応なども全部詳細に書くと、「大変そう」という印象になる可能性があるので、巻末付録用に作成した「よくある困りと対応例」カード(4種)に簡潔にまとめましたので、よければご活用頂くか、資料等のコピーや抜き書きなどで、対応の一覧を添付すると良いと思います。

その他、視覚支援ツール等があれば、そのまま使えるものは一緒に渡すといいでしょう。

書いたカードは、ポストカード・ケースなどに入れてまとめ、ラベルを貼っておくと、保存・参照しやすくなります。





関連コラム:

発達障害のある子の取扱説明書「サポートブック」で学校と連携!作り方と連携のコツをご紹介します (発達ナビ掲載 2018/03/20 更新)