top of page

新ひらがな/カタカナ表、漢字由来表【支援ツールのシェア】無料ダウンロード

更新日:1月28日

【支援ツールのシェア】新ひらがな表、カタカナ表、平仮名/片仮名-漢字由来表


新しく濁音・半濁音・拗音にも対応した「ひらがな表」「カタカナ表」に加えて、「平仮名/片仮名-漢字由来表」を一気に作り、更に英語版のグローバル対応もしました。※文末にダウンロードリンク有り。


例によって、携帯に便利なハガキサイズを想定して作っていますが、用途によってPDFをA4等のお好きなサイズにご調整の上プリントしたり、タブレットやスマホに画像保存(画像クリック/タップで拡大表示→右クリックまたはドラッグ&ドロップ、長押し)等、各自で使いやすいようにご活用いただければと思います。


では、それぞれ解説していきますね。


■新ひらがな表/新カタカナ表



以前の「かな・漢字サポートカード」をリニューアルしようと思ってたら、全然別物になってしまいました…(笑)


文字を大きく見やすくした上、「新学年別漢字表」等と共通のカラーインデックスをつけました。

そして、今回のポイントは「50音表」に加えて、「濁音・半濁音・拗音表」も、それぞれ作ったこと!


…思い起こせば、日本生まれ日本育ちの生粋の日本人であるハズの、うちの長男も「あ”ーもう、日本語ワケワカラン!! "ぴゃぴゅぴょ"とか、目がしばしばするッ!」って、一年生の時、半ギレしながら宿題してたので(苦笑)、似たようなお子さんが、半濁音・拗音の法則性をつかみやすいように色で工夫しました。


そして昨今、小中学校の教室にも外国人のお子さんが増えてきたり、マンガやアニメの影響等で日本語を学びたい海外の方も多いようなので、アルファベットのふりがな付きの「ひらがな表」「カタカナ表」も一緒に用意しました(縦書き・横書き混在なので、作るの結構大変でした…笑)。


「新ひらがな/カタカナ表」の使い方は、例えば…


・低学年のお子さんや、LDのある子の宿題のお供に!

・LD/発達障害、外国人のお子さんなどの、学校での合理的配慮としての持ち込みツールに!

・学校の先生や日本語学習者の学習教材として!

・人と話すのが苦手な子(自閉症、かんもく症、吃音など)、言語障害のある大人の方などの、簡易的な指差しコミュニケーションツールとして…


…など、それぞれのご事情・ご用途に合わせて、どなたでもご自由にご活用ください。ハガキに印刷して携帯する場合は、角にパンチで穴を開けてリングで閉じると便利です。


■平仮名/片仮名-漢字由来表



ついでに勢いで、平仮名と片仮名の、それぞれの由来となった元の漢字との一覧表も作りました(由来の漢字は、うちの子が使っていた小学6年生の教科書の「国語 六 創造」光村図書 などを参考に作成。グレーの字は元の字がはっきりしないもの)。


「ひらがな・カタカナは、漢字を元にして平安時代に作られたもの」だと知っている方は多いと思いますが、実はそれぞれ作られ方が違うので、元になった漢字も違っているんです(一部共通のものも)。


ひらがな→元の漢字を崩した草書体(英語でいう筆記体)を、めっちゃテキトーに書いたもの。

カタカナ→元の漢字の一部を取り出して、めっちゃ手抜きして省略したもの。


…なのだそうです。(※1)

うんうん、テキトーさと手抜きの合理的な工夫は、文化の発展のためにも大事ですね!


知的好奇心旺盛なお子さんの発展的学習や、漢字文化圏の子・方向けの学習教材や合理的配慮等、ご自由にご活用下さい。


【PDF無料ダウンロード】





楽々かあさん公式HP>Share>支援ツールのシェア3の利用規約に同意の上でご活用ください。



楽々かあさん公式HPの英語版サイト"Rakurakumom's Official Website"も公開しています。

日本に住む外国人のお子さんのご家庭や担任の先生、日本語や日本文化に興味のある海外の方などにも当サイトをご活用頂けたら嬉しいです(自動翻訳と英語好きな長男に頼りつつ、少しずつ内容を充実させて更新しています。支援ツールも順次翻訳に対応していきますね)


 

<お知らせ>

長らく使い方がよく分からず、このサイトを作っているHPビルダーWiX付属の謎機能だった「サイト会員」メニューなるものを、試験的に運用中です。

ご登録頂いた方には、新規Blog記事が公開されるとお知らせメールが自動配信されたり、サイトの画面に通知アイコンが表示されたりします。メールアドレスのみで登録・ログインでき、マイアカウント>設定より、通知やメール配信のオンオフなどがお好みで設定できます(プロフィールは他者に公開されません)。

機能の詳細やお知らせメールは探り探り、設定を調整中です(不備ありましたら、すみません)。


(※1)諸説あり。カタカナの由来には謎も多く、中には「古代ヘブライ文字との共通点が…」なんて説もあって、都市伝説好きな子は自分でいろいろ調べてみるとワクワクしてしまうかもしれません。

bottom of page