top of page
  • 楽々かあさん(大場美鈴)

追加の声かけ変換表「状況判断編」

更新日:2022年11月12日


No.143 追加の声かけ変換表「状況判断編」


声かけ変換表の追加、今回はちょっと応用の「状況判断編」です。長男の最近のつまずき原因のひとつに「状況判断が苦手」ということがあります。

周りのお子さんが空気を読みながら、状況を判断して自分で動けるようになってきているので、人の表情を読み取ったり、相手の言外の意図を汲み取ったり、記憶を臨機応変に参照しながら、その場その場で要求されていることを見極められない長男は、苦戦しているようです。

以前は「適切な指示があればできる子」だったのが、本人は同じでも、周りの変化で「指示がなければできない子」になってしまうんです。


ただ、体質的に苦手なことは仕方ないので、少しでも「周りを見る」クセづけをしながら、今までの経験を元に判断できるように、「声かけ」をシフトチェンジしました。


表にあるように、視野を広めたり、今はこういう状況である、ということや、それまでの経験を判断材料として与え、指示を出す前に自分で考えるように促す声かけです。


ただ、今までのひとつひとつ具体的な指示を出す声かけが必要でなかったわけではありません。

「経験から自然と学ぶ」が得意な、状況判断のできるお子さんは、最初から今回のような声かけだと「自分で考える力」が育つかとは思うのですが、以前は(私を含む)周りから注意や叱責ばかりされていた長男にとっては、まずは、丁寧に順を追って指示を出しながら、「できた!」という経験で自信を回復する必要がありました。