• 楽々かあさん(大場美鈴)

文具セレクション



No.033 #学習支援

「文具セレクション」


for:字の読み・書きが苦手な子


うちは明日から新学期です。

昨日足りない文具やノートの補充を買いにいったら、同じようなお母さんがいっぱいいました(笑)


文具も、意識して選んだり、ほんの少し工夫するだけで、子どもの負担を減らすことが出来ます。


鉛筆:

よくなくしますので、番号を振ってみました。

一年の時には筆箱の鉛筆ホルダー部分にも番号を書いたシールを貼りました。

それでもなくす時はなくしますが、、、多少マシ、というか、周りの子が「3番落ちてるよ」って拾ってくれるみたいです(^-^:) 

写真は色鉛筆ではなく黒芯ですが、並べると絵柄が分かるものとか、揃えたくなるようなものを選んでいます。


軸は三角軸です。

クツワのプニュグリップなども、持ち方のサポートとして優秀なツールですが、学校ではぐちゃぐちゃ口に入れて噛んでしまうらしく、これは弟の練習用に家で使います。



定規:

滑り止め加工つきのもの。他にも、以前ご紹介した書籍


「困り」解消!算数指導ガイドブック―ユニバーサルデザインの前に 算数と特別支援教育を語る会


では、定規の裏に滑り止めを貼ったり、分度器を拡大したり、まわしやすいコンパスなどの工夫や紹介が載っていました。



下敷き:

方眼つきのもの。

プリントの下に引けば、マス目が写るので筆算のときなどにも、多少書きやすいと思います。


文字が読みづらい、音読の行を読み飛ばす、などのお子さんの場合、薄くカラーのついたクリア下敷きやクリアファイルを通してみると、文字が読みやすくなることがあるそうです。

視覚機能の問題で、文字のコントラストが強すぎたり(「文字が痛い」という感覚がある子もいるそうです)して見えづらいのが、フィルターを通すと楽になることもあるようです。

どの色が合っているかはお子さんによって違うので、色々試してみるといいと思います。


うちでは、カラー下敷きは音読の時、読んだ文を隠すのに使ったりします。



ノート:

うちの子は自由帳をいっぱい書くので、すぐなくなります。

休み時間に友達とスーパーマリオのマップを作ったり、迷路を作って遊ぶのにハマっているようです。

なので、「これだとマップや迷路が書き易いよ♪」と言って、自由帳の替わりに方眼ノートを渡します。


。。。ふふふ。


実は、これで漢字のカドの認識率を上げるトレーニングを休み時間に勝手にやってもらおうという作戦です。。。いっぱい書いてね。笑



お母さんお父さん、冬休み、おつかれさまでした。

新学期、お子さんが無事に登校してくれるよう、ご健闘を祈ります


 

初出:facebook 楽々かあさんのアイデア支援ツールと楽々工夫note 2014年1月6日 ·投稿_No.033

関連記事

すべて表示

Q:発達障害のある子は、私立中学にいますか? 人によっては「何を当たり前のことを…」と思われるかもしれませんが、これは、5-6年前の長男の中学受験当時、実は私が非常に知りたかったことなのです。 当時は発達障害のある子の中学受験についての情報が本当に少なく、私はネットで検索結果の最終ページの隅々まで目を通していました。 …すると、有益で前向きな情報はごく僅かで、「そういう子は受験しないで」等の心ない

LD(学習症/学習障害/読み書き障害)を始めとする発達障害のある子達の、学習上の困難さや学校教育の負担感から生じる進路や成績の問題は、その子の将来に関わる「厚い壁」となってしまうことも多いようです。 ​ でも、「その子に合った学び方」ならできる子はたくさんいます。また、進路や学校を自分の意思で選択し、「その子に合った環境」で学ぶことができれば、障害を感じなくなる場合もあります。 ​ 発達障害のある