• 楽々かあさん(大場美鈴)

夏休みの宿題の片づけかた

更新日:7月16日

こんにちは、楽々かあさんです。 今年の夏休みは全国で期間もバラバラで、「始まったばかり」のお子さんも「もう終盤」のお子さんもいて、宿題も少ない学校、いつも通りの学校、いつも以上の学校…etc.etc。いろいろあると思います。 うちの子達の場合は、長女は夏休みはやや短めですが、宿題は少なめ(苦手な読書感想文が自由提出になったので大喜びです。笑)。長男・次男は夏休みは一ヶ月ありますが、宿題は例年通りの量でワーク系が結構たくさん…。 …なので、なかなか共通の内容でのアイデア・シェアが難しく、今回のメルマガでは「宿題の片づけかた」…つまり、全体的な進め方やスケジュール管理、声かけなどのコツをお伝えしたいと思います!

まずは、一覧表を作って、夏休みの宿題の全体像を把握できるように(提出日がバラバラなこともあるので、それも)。 学校で「学年だより」などで一覧にしてくれている場合は、そのまま流用してチェックするだけでもOK! そして、子どもが「絶対に見る所」に貼るべし!(ただし、おでこはダメ。取れちゃうからネ)

次に、出された課題全部の全ページにふせんを貼ると、「量」と「ゴール」が見えるように! 膨大な印象がするワーク・ドリル系は1P1コずつ。いつの間にか忘れがちなリコーダーカードや、植物の観察記録など、毎日記録する課題は、細めのふせんを1日1コずつ。 これで一覧表と併せて、先の見通しが苦手な子も「残りの量」が分かりやすくなります。 ポイント制採用の場合、ふせんの色分けなどで、その子にとってハードル高い課題は高めのポイント設定にするとGood!

あとは、やるだけ。 コレばっかりは、親が代わってあげられないのです。がんば☆ …と、ゴロ寝してたいのですが、宿題をとにかく始めて頂く声かけを。 「何時から?」「10分だけ!」「ふせん何枚くらい?」など、具体的かつ現実的な言質…いえ、努力目標を設定すべし! なかなかやる気が出ない時は、おやつなどの「ごほうび設定」や、課題を短時間で区切る「小分け作戦」も有効。

そして、最後に大事なこと。 終わった宿題は、即!専用の袋に入れてしまいます(特に、うっかりさんは)。 プリントとワーク系だけなら、連絡袋やA4サイズの封筒などでもOK。工作系がある場合は、大きな紙袋にいれて、ひとまとめに。 袋には「提出物リスト」を、メモに箇条書きでいいので貼っておくと尚ヨシ! これで、折角がんばった宿題が、登校日の前日に行方不明になる悲劇が避けられます。 宿題の内容自体のアイデア・サポート方法は、 なかなか進まない家庭学習を、楽々かあさん流3つのコツでスムーズに!?子ども目線で取り入れる簡単アイディアとは(2020.7.13公開/LITALICO発達ナビ) 発達障害のある子にはデジタルグッズをマスターさせよ!パソコン・スマホ・タブレットを活用した我が家の学習サポート術!(2018.8.16公開/LITALICO発達ナビ) なども、よかったらご参考に〜。 今年はなんだか貴重な夏休み。 宿題なんて、ぱ・ぱ・ぱのぱ〜っと片づけられるよう、ご健闘を祈っておりますが、まあ、こんな状況なので、なかなかやる気が上がらない子がいても無理ないよな〜とも思います。 親子でたくさん充電できますように!(親の充電は新学期から…?)



 

初出:楽々メルマガNo.084(2020.8.13.発行)  (※この記事はメルマガ限定配信の過去記事アーカイブです)



この関連イラストは Share>お裾分けイラスト2 より無料ダウンロードできます。啓発等にお役立て下さい。

関連記事

すべて表示

LD(学習症/学習障害/読み書き障害)を始めとする発達障害のある子達の、学習上の困難さや学校教育の負担感から生じる進路や成績の問題は、その子の将来に関わる「厚い壁」となってしまうことも多いようです。 ​ でも、「その子に合った学び方」ならできる子はたくさんいます。また、進路...