top of page
  • 楽々かあさん(大場美鈴)

マルつけ

更新日:2022年8月10日


No.092 #学習支援

「マルつけ」


for:自己肯定感を高めるマルつけ、傷つかないマルつけ


いよいよ夏休みも最終コース。

暑さの中のマラソンで、もうヘトヘトのグダグダですが、なんとかゴールまで完走したいと思います。ガンバレ私!笑


さて、先日の登校日に「夏のしおり」の解答をもらってきました。

。。。あ、マルつけ、私がするってコトですね(^-^;)


この「マルつけ」って実はとっても奥が深いんですよね。

マルのつけかた一つで、子どもの印象も随分違うようなんです。

うまくすれば、やる気を出すこともあるし、少なくともマルつけで落ち込むことだけは、回避できますから。


視覚情報の受け取りの良い子、負けず嫌いの子は、「見えるようにダメ出し」されると、本当にダメージが大きいようなんです。