• 楽々かあさん(大場美鈴)

連想学習法

更新日:8月11日



No.155「連想学習法」


いろんなことが次々と思い浮かぶ長男に、ピッタリの学習方法にたどり着きました!


実は著書「108の子育て法」の中で「漢字や九九が覚えられない、覚えていても思い出せない」と書いた部分で、監修をして頂いた汐見先生から、


「覚えること(記憶)と、思い出すこと(想起)は別のスキルが必要」


との補足のご指摘があり、「なるほど!これだ!」と思ったんですね。


今まで「覚える」ことの方を中心に見ていて、視覚的な情報の受け取りの良い長男が、なぜ「見てもなかなか覚えられない」のか疑問だったのですが、、、


「思い出す」練習のほうが、ずっと必要だったのかも、と気づいたんです(多少漢字の虫食いクイズなどはしていたものの…)。


そんなワケで冬休みの間から、こんなマインドマップ風というか、スゴロク風というか、とにかく、白紙に長男の書きたい場所・好きな漢字からスタートして、漢字を思い浮かんだ順に、線でつなげながら、次々書き留めていくようにしてみました(^-^)


同じ読みや、文字の形が似ている、反対の意味の言葉、など、思いつくままに書いてみると、本当によく出てくるんです。

(ただし、好きな字からはどんどん出るのですが、漢字ノートに今習っている所の漢字からだと、『う〜ん』と唸って少しだけ、になります)


色彩感覚に敏感なお子さんは、色も付けると尚いいと思います。(どんどん出てくる時に、ペンのキャップを外すのが面倒らしく長男はしませんが...^-^;)

先日対談した「灘→東大3兄弟」の佐藤亮子さんも、お子さんが「書いた文字の色で、歴史上の人物の名前などを覚えていました」とおっしゃってました。


これね、なにより本人が、いろいろとしゃべりながら、本当に楽しそうに漢字を書きます(^-^)

記憶の整理の苦手な子の、頭のゴチャゴチャ感がスッキリできるみたいです。


そして、私も「一度見てみたい」と思っていた、長男の頭の中をちょこっとのぞけるようで、見ていてとっても面白いです。


漢字がなかなか出て来ない子も、もしかしたら、頭の中は文字がいっぱい詰まっていて、「覚えられない」のではなくて、「思い出せない」だけかもしれませんね(^-^)


*********


【お礼】

皆様、先週は私の出版に際し、熱烈な応援ありがとうございました!おかげさまで13日のお昼頃、amazonで「総合6位」になりました!!(すごいパワーです!@o@;;;) 現在、在庫切れでお待たせしてすみません(もうすぐ入荷予定とのこと)


街の大きめ書店さんの店頭や、ポプラ社さんのHPなどには、まだ初版分あるようですので、入荷を長らくお待ち下さっている方は、良ければチェックして見て下さいね(^-^)






 

初出:facebook 楽々かあさんのアイデア支援ツールと楽々工夫note 2016年1月22日 ·投稿_No.155

メルマガNo.035(2016.1.22.発行)


関連コラム:「漢字の書き取りじゃ、覚えられない!」わが家で実践、ひたすら書く以外の「漢字学習」10のアイデア 2022/03/14 更新(LITALICO発達ナビ)

関連記事

すべて表示

Q:発達障害のある子は、私立中学にいますか? 人によっては「何を当たり前のことを…」と思われるかもしれませんが、これは、5-6年前の長男の中学受験当時、実は私が非常に知りたかったことなのです。 当時は発達障害のある子の中学受験についての情報が本当に少なく、私はネットで検索結果の最終ページの隅々まで目を通していました。 …すると、有益で前向きな情報はごく僅かで、「そういう子は受験しないで」等の心ない

LD(学習症/学習障害/読み書き障害)を始めとする発達障害のある子達の、学習上の困難さや学校教育の負担感から生じる進路や成績の問題は、その子の将来に関わる「厚い壁」となってしまうことも多いようです。 ​ でも、「その子に合った学び方」ならできる子はたくさんいます。また、進路や学校を自分の意思で選択し、「その子に合った環境」で学ぶことができれば、障害を感じなくなる場合もあります。 ​ 発達障害のある