top of page

連想学習法

更新日:2023年6月12日


連想ゲームでの漢字学習法のアイデア

No.155「連想学習法」


好奇心旺盛で、いろんなことが次々と思い浮かぶ長男に、ピッタリの学習方法にたどり着きました!


実は著書「108の子育て法」の中で「漢字や九九が覚えられない、覚えていても思い出せない」と書いた部分で、監修をして頂いた汐見先生から、


「覚えること(記憶)と、思い出すこと(想起)は別のスキルが必要」


との補足のご指摘があり、「なるほど!これだ!」と思ったんですね。


今まで「覚える」ことの方を中心に見ていて、視覚的な情報の受け取りの良い長男が、なぜ漢字を「見てもなかなか覚えられない」のか疑問だったのですが、、、


「思い出す」練習のほうが、ずっと必要だったのかも、と気づいたんです(多少漢字の虫食いクイズなどはしていたものの…)。


そんなワケで冬休みの間から、こんなマインドマップ風というか、スゴロク風というか、とにかく、白紙に長男の書きたい場所・好きな漢字からスタートして、漢字を思い浮かんだ順に、線でつなげながら、次々書き留めていくようにしてみました。


同じ読みや、文字の形が似ている、反対の意味の言葉、など、思いつくままに書いてみると、本当によく出てくるんです。

(ただし、好きな字からはどんどん出るのですが、漢字ノートに今習っている所の漢字からだと、『う〜ん』と唸って少しだけ、になります)


色彩感覚に敏感なお子さんは、色も付けると尚いいと思います。(どんどん出てくる時に、ペンのキャップを外すのが面倒らしく長男はしませんが...)

先日対談した「灘→東大3兄弟」の佐藤亮子さんも、お子さんが「書いた文字の色で、歴史上の人物の名前などを覚えていました」とおっしゃってました。


これね、なにより本人が、いろいろとしゃべりながら、本当に楽しそうに漢字を書きます。

記憶の整理の苦手な子の、頭のゴチャゴチャ感がスッキリできるみたいです。


そして、私も「一度見てみたい」と思っていた、長男の頭の中をちょこっとのぞけるようで、見ていてとっても面白いです。


漢字がなかなか出て来ない子も、もしかしたら、頭の中は文字がいっぱい詰まっていて、「覚えられない」のではなくて、「思い出せない」だけかもしれませんね。


*********


発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法

【お礼】

皆様、先週は私の出版に際し、熱烈な応援ありがとうございました!おかげさまで13日のお昼頃、amazonで「総合6位」になりました!!(すごいパワーです!@o@;;;) 現在、在庫切れでお待たせしてすみません(もうすぐ入荷予定とのこと)


街の大きめ書店さんの店頭や、ポプラ社さんのHPなどには、まだ初版分あるようですので、入荷を長らくお待ち下さっている方は、良ければチェックして見て下さいね(^-^)






 

関連記事

すべて表示

私立中高一貫校の6年間、長男が「合理的配慮なし」でも、ほぼ大丈夫だった理由

ようやく長男の大学進学が決まり、ほっとしているところです(春より、自宅から自転車通学です)。 6年間お世話になった私立中高一貫校も残りわずか。 「あ"〜!卒業したくない。ずっと高校生でいたい」と言ってます(…それは困ります😅) ■私立校でも合理的配慮が法的義務に お子さんが発達障害・グレーゾーンで、中学受験を検討中や、既に私立中進学を決めご家庭は、支援級も通級もない私立中で大丈夫だろうか、先生は

【発達障害と大学受験-1】共通テストでの合理的配慮申請は、高1・高2から早めに動くべし!

今年度の大学入試共通テストが終わり、大学受験もいよいよ大詰めですね。 とはいえ、昨今の大学受験では「推薦・総合型選抜型」での受験者が多く、うちの子の学校でも、昨年中にすでに半数以上の子が入試を終えているようです(うちの高3長男の進学先はまだ決まってませんが…)。また、入試方式も多様化していて、共通テストを受ける子の割合は受験生の半分以下だそう。 そして、今年の令和5年度共通テストの志願者数は、約5

【中学受験-面接準備4】「やっててよかった」4つの練習と、親子面接で「絶対NG」の1つのこと

【中学受験-面接準備】編、最後の回。いよいよ、おうちで面接練習する際の、うちの3兄妹での実戦経験を踏まえた「やっててよかった」4つのことと、「絶対NG」の1つのことをお伝えします。 今までの記事はこちら↓ ■中学受験の面接練習で「やっててよかった」4つのこと 通常、面接練習は「よくある質問」などを参考に、お子さんとやり取りすることが多いと思います。 うちでも「面接資料ファイル」を親側の手元に置きな

bottom of page