• 楽々かあさん(大場美鈴)

「おうち標識」 



No.029 #生活支援#接し方

「おうち標識」     


for:当ページをいつも見て下さっている皆様へ

  指示・命令・禁止の苦手な子


当ページをいつも見て下さっている皆様に、発達障害 アイデア支援ツールと楽々工夫note(...長い^^;)より感謝を込めて、特別X'masプレゼント企画です。


「おうち標識」はその名の通り、おうちで使える標識です。


手書き感溢れる私のオリジナル標識ですが(笑)、よろしければDLしてお使い下さい。なるべく子ども目線の、子どもにやさしいデザインとなっています。


画像クリックまたは、こちらからダウンロードできます(^-^)


プリントして使いたい場所に掲示する他、個別画像をケータイなどに入れて、公共の場所などで「しー!」や「手をつないでね」など、見せてあげると伝わり易いと思います。


「指示・命令・禁止」に抵抗を示すお子さんは多いのではないかと思います。長男も、右の耳から左の耳に抜けていきます(笑)

でも、こういった、簡略化されたサインはとても親和性が高いのか、標識やマークはとても印象に残るようで、聞いてくれる確率が高くなります。


(ただし、一度インプットするとなかなか変更ができないお子さんに、禁止のサインなどを用いるときは例外の可能性を含めるなど、慎重にお願いします。ゴミの分別など、当たり障りないもので様子をみてお試し下さるといいかと思います)


そして、指示・命令・禁止の時は、なるべく別の言い方を使うようにしています。


「止まれ!」→「止まってね」(お願い)

「走るな!」→「ゆっくり歩いてね」(こうするといい、を具体的に肯定語で伝える)

「触るな!」→「危ないから、心配だよ」

「ママの宝物だから、大事にしてくれると嬉しいな」(Iメッセージ。私は〜と思う、助かる、嬉しい、など)


などです。

「うるさい!」なども、空気を読むのが苦手だと、「ああ、うるさいんだ〜」と思うだけで、それが「静かにしてほしい」という意味には直結しないので、具体的に「声を小さくしてね」など言います。

「ちょっと待って」や「すぐにやって」なども曖昧なので、「あと一分待ってね」「30秒でできるかな?」など、具体的な数字で言い換えると動いてくれるようになります。


なので、できましたら、プリントした標識に

「あついからさわらないでね」

「しんぱいだからのぼらないでね」

など、優しいメッセージを添えて頂けると、素直に聞いてくれる可能性が高くなると思います(^-^)


家の中を交通整理すると、親も子も、少しは落ち着きましたよ(^-^)


画像について:

記事をご覧になった方はどなたでもご自由にお使い頂けますが、商用利用、二次配布(自分の著作物として配ること)、素材サイトへの無断登録、ダウンロードアドレスの直リンクはお控え下さい。

初出:facebook楽々かあさんのアイデア支援ツールと楽々工夫note2013年12月19日 投稿

※このサイトは「楽々かあさん公式HP| Idea&tools for ASD LD ADHD kids」です。

画像・イラスト・本文の無断転載・二次配布はご遠慮下さい。   © 楽々かあさん  Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now