うちの子達と私自身について

 

長男は小1の時、当時の診断基準でアスペルガー症候群と診断され、ADHDとLDの傾向もあります。小学校時代は何かと大変でしたが、現在、次男と共に私立中高一貫校に通っています。

次男と長女は、発達障害の診断がつくほどではない、グレーゾーン。感覚過敏や部分的に成長がゆっくりなところがありながらも、努力でギリギリ乗り越えられたり、時々疲れたり…を繰り返して成長しています。

そして、自身もちょっぴり凸凹傾向のある私は、うちの子育児で学んだことを活かして、育児・家事・お仕事と、最低限の人付き合いをなんとかこなしています。

そんな、うちの子達と私自身についてのコラム連載・インタビュー取材記事です。